6・牡蠣エキスの効率を良くするコツ

6・牡蠣エキスの効率を良くするコツ

牡蠣エキスは牡蠣の旬の時期に漁獲された原料を使っているかがポイントです。牡蠣の旬は冬になるため、夏より冬のほうが栄養価が高くなります。特にグリコーゲンの量は冬のほうが多く、10倍もの量が違うといわれているため原料の漁獲時期にも注意してみましょう。

 

・ ビタミンCのとの相性が良い
牡蠣に含まれる鉄や亜鉛などのミネラルは吸収率を高めるためにビタミンCと一緒に摂ると効率が良くなります。元々吸収率が低いミネラル類ですから、牡蠣エキスとして栄養を吸収させるための工夫が必要です。さらにビタミンCはタウリンの損失も防ぐため相性が良い栄養素といえます。

 

・ クエン酸と組み合わせる
牡蠣エキスはクエン酸との相性も良くなっています。ビタミンCやクエン酸はフルーツに含まれているため、牡蠣エキスを利用する前に果物を食べておくのもおすすめです。食後のデザートにフルーツを利用し、その後に牡蠣エキスを飲めば良いでしょう。

 

・ 分けて飲むのがおすすめ
牡蠣エキスに含まれるアミノ酸やミネラルなどは体に長時間溜め込むのが苦手です。そのため分けて飲むようにしてみてください。朝と夜など複数に分けたほうが効率よく使われるようになります。